Bipolar’s diary

双極性障害とアル中な私の回覧自由備忘録。

寝床ではスマホを触らない!

最近、寝床ではスマホを触らないようにしてる。

寝床では読書か落書きしかしないようにした。

したらば、よく眠れるんだ。

眠りました!というのが実感できるようになった。

スマホは違う部屋に置いて、寝室には持ち込まない。

何か、どーしてもググりたいとか、必要になったら、

ベッドから起きてスマホのある部屋まで出向く(?)ことにしてる。

これは、最近のやってみたら、いいことベストランキング入り。

 

うつ病の種類

本日も、いつもの病院へ行ってきた。

ウツ病には、

1.甲状腺や他の病気、体に変調をきたす病気が原因でなるもの

2.大事な人をなくした、、などの心が傷ついてなるもの

3.特に原因がないのに、なるもの

があるそうだ。

前にも話したけど~~と言いながらも説明してくれた。ありがとう。

ま、私は3。

そらね、嫌なことや体の不調などをあげよ!と言われたら、あります。

でもさ、そんなの、誰にだってあるわけで~~。

そしたら、世の中にはうつ病患者のじんこう人口比率がそうじゃない人人口比率を

お~~~き~~~くっ、上回る。。

 

よく2ちゃんねるとか、ネットで、ウツは甘えとか書かれてるけど、

あれもなんだかな~ちぅワケで、

あくまで、素人が憶測とかインスタント知識で

こぞってなんか言うてるわけで、

あんまり、聞かないでおくほうが良いんあだな~と改めて思いました。

とさ。

 

今日は雨。

雨も晴れも曇りも好き。

蒸し暑い以外の気象は大概好き。

 

誰かに会いたいけれど、誰にも会いたくない。

どこにも行きたくない。

そんな日はどうすぺっかな~

糠のお風呂

最近、ぬか漬けで使いきれない糠をお風呂に入れている。

江戸時代はこれが石鹸だったとか。。。

お肌がなんとなくツルスベになって、

「乾燥肌」が和らいでくれてる気がしている。

大抵の化粧品や石鹸に負けるので、

ファンデーションもつけないし、

基礎化粧品も皮膚科で処方されてるヒルドイドだけ。

日焼け止めを塗るにも一苦労する。億劫。

だから、多分、タモリ式入浴法でもいいんだと思う。

ぬるぬるが嫌でトリートメントなんて滅多にしないし、

下手すると、石鹸で全身ぜーんぶ洗っている時もある。

で、美容院でね、いつも頭皮が綺麗だ、健康だと褒められている。

きっと、お肌も髪も触りすぎたり、塗りすぎたり、

洗い過ぎたりしない方がいいんだと思う。

体によくないとされるものを”適度に”口にせず、

夜眠って、朝起きるという生活がいいんだと思う。 

 

昔は糠で床も磨いていたというし、

食べてよし、美容に掃除に~~~、糠ってすごいなぁ。と思う。

 

幸せの年収?

自分が必要な年収を計算してみた。

240万円あれば、不自由なく平和に暮らせるようだ。

 

 

つぶやき

暑いんである。

これで単衣の着物なんて嫌なんである。

長じゅばんは麻で、帯も単衣で、着物も透けていたっていいじゃないか。

式がつくことには、我慢が必要でろうが、

自分個人ではいいではないか。

着物雑誌にあるような、着物マナーを気にしていては、

着物なんて、着にくいったらありゃしない。

何かにつれ本末転倒。

 

んでんで、

外食やインスタントご飯が多い人って、髪や肌が

キレイな人が少ない気がする。

食べ物、体に内臓に入れるものって大事なんだなぁ。て思う。

添加物厳禁のあれ食うな、これも食うな教ではないんだけど、

確実に取らない方が良い食べ物や飲み物はあるんだ、と思うよ。

善意の中の、、、、

世の中、上目線の人というのがいる。

悪意も作意もなく、何故か上目線。

別に高貴な生まれでもないのに。。。

知人にそういうキョーレツな人がいる。

確信する先日までは、友人と思っていたけど、

もう、知人。

友達やめます。

 

なんでだろうか、この人は私を含め、

たいていの人を自分より不幸で

苦労を背負い、難多き人生を毎日を送っていると思っている。

優しさや共感のアピールなのか、同情してくれる。

が、同情とかてんで嬉しくないし、(むしろ失礼)

私は、これでも幸福な毎日と人生を送れていると思ってる。

ウツだしソーでもあるけれど。

 

若くして独り者になったけど、子供は大学まで出した。

今は東京で独り立ちしてる。

(彼女:彼女もシングルマザーで、2人の子供は成長中)

毎日、粗食ながら食べたいものや美味しいものを食べ、

(彼女:毎食、コンビニインスタント)

狭小ながら、自分なりに整理整頓と清潔を心掛けた家に住み、

(彼女:ゴミ屋敷)

借金もなく暮らせている。貯金もないけどね。。。

老後の財もなんとかある。

(彼女:厚生年金があるワ)

不自然に太り老けてもいなし、シミと吹き出物の多い肌でもないし。

彼女はキャリアウーマンで、過労で倒れる事を密かに自慢しているけど、

仕事は大好きみたいだけど、、、、

彼女のようには絶対、なりたくない。

これは声にしないけど。

 

なぜ、彼女が私を下にポジションをとるのか

はたまた、私のとり違いなのかは、考えないようにしてる。

あほらしい。

きっと、忌の際に解るか否かの事なんで、

今、突き詰めたところで、わかんないし、どうでもいいことだから。

よって、距離を置くことにすべし。

なのだ。

 

彼女は学生時代からの私の困難を悲しんでくれるが、

過去は変えられないし、必死に生きていたのは本当で、

あれはあれで良かったのだと思う。

あの、色々な事がなかったら、今の私はおらず、

子供にも会えず、親に感謝することも

尊敬する心も持てずにいたのかもしれない。

後悔するとすれば、自分の努力不足や怠慢で、

他の事象や出会いに後悔はないもん。ね。と。

 

下品で失礼な人間ではないはずなんで、いいの。

約1か月、モヤモヤしてたけど、だいぶとスッキリした。

文字にするとスッキリする~~。

HSP

びっくりした!まさに、これ!

長い事生きてきて、今日、初めて知った!!

susumu-akashi.com